Menu

女性がかかる病気

病院

子宮がんの80パーセントを占める

がんの中でも女性特有のがんと言われているのが子宮頸がんです。このがんは性行為をしたことがある女性であれば誰でも起こり得る病気として知られており、昔に比べても子宮頸がんを発症させてしまう女性が増えていると言われています。子宮頸がんの場合、婦人科などで検査が行なわれているので、自分は健康と思っている人でも一度検査に行ってみるのが良いでしょう。女性の子宮に発生するがんには、他にも子宮体がんと呼ばれるがんがありますが、子宮がんのうちの80パーセントは子宮頸がんと言われています。子宮頸がんは、発見が非常に難しいので、進行が進んだのちに発覚したという女性も多くいます。がんは移転する病気なので、一度治療で治ったとしても転移をしている可能性や再発してしまう可能性もあります。

症状を知っておく

子宮頸がんになってしまった場合、転移の可能性も考えたうえで治療を進めていく必要があります。特に子宮頸がんの場合は骨盤内や肺などに転移する可能性が極めて高いと言われています。骨盤に転移してしまった場合、不正出血が起こる他、血尿や血便が起こる可能性もあるので、そのサインを見逃さないようにしておくことが大切です。子宮頸がんでも初期であれば、子宮を温存することができる手術もあるので子宮頸がんになったからといって絶望的になる必要はありません。しかし、これは早期発見早期治療によって可能になることなので、子宮が発するサインなどを見逃さないようにしておくのが良いでしょう。

オススメ記事

病院

女性がかかる病気

がんの中でも女性が発症する可能性が極めて高いのが子宮頸がんで、子宮がんのうちの8割が子宮頸がんと言われています。発見した時には、骨盤や肺への転移も疑っておくのが良いでしょう。

詳しく見る

胸元

胸にできるがん

胸のあたりにできるのが乳がんで、主に女性が発症するがんとなっています。乳がんの場合セルフチェックでがんの有無を確かめることもできるので、早期発見が実現できます。

詳しく見る

ドクターとナース

早期発見であれば完治可能

がんの中でも進行が極めて遅く、転移もしにくいのが大腸がんです。一度腫瘍を摘出すれば完治する可能性も高いがんではありますが、肝臓などに転移する可能性もあるので注意が必要です。

詳しく見る