Menu

増加から見る大腸のがん

ドクターとナース

症状と原因

日本人に増えてきているがんは、特に大腸がんが深刻な状態を迎えています。これは男性も多いですが、女性は全体のがんの中で亡くなる割合が最も多く、昔と比べて急激に増えてきました。その大腸がんには種類があり、その1つが直腸がんです。これは直腸にできるがんで、肛門に近い位置にあたります。直腸がんができてしまうと、血便や便秘などが起こるようになり、特に血便は肛門が近いことから目立つ症状です。直腸がんの原因は、動物性たんぱく質の取り過ぎと言われ、洋食文化が定着したことで増えてきました。動物性たんぱく質は人に欠かせない栄養源となるので、それを完全に避けるのは難しいです。しかし、野菜を含めた栄養バランスのいい食事が、直腸がんの予防につながります。

予防をふまえた検査

直腸がんを確かめていくには、便の採取や内視鏡などで特定できます。もし腫瘍が見つかれば、それを切除していきます。内視鏡で簡単に切除することはできますが、状態が大きければ開腹手術も行われます。また、化学療法なども行われますが、直腸がんで排便が困難な場合は手術で切除した方が早いです。そして、直腸がんは定期的な検診で発見されることもあります。年齢的に40歳以上の発症が多くなってくるため、その年齢以降は検診を受けていくのがお勧めです。また、遺伝性の関係も否定できないため、親族に発症した人がいればその疑いも強くなります。他にも、直腸に近い臓器で、子宮内膜症や卵巣がんになったことのある人も要注意です。直腸がんは著しい増加の割合から、身近な大きな病気となっています。

オススメ記事

病院

女性がかかる病気

がんの中でも女性が発症する可能性が極めて高いのが子宮頸がんで、子宮がんのうちの8割が子宮頸がんと言われています。発見した時には、骨盤や肺への転移も疑っておくのが良いでしょう。

詳しく見る

胸元

胸にできるがん

胸のあたりにできるのが乳がんで、主に女性が発症するがんとなっています。乳がんの場合セルフチェックでがんの有無を確かめることもできるので、早期発見が実現できます。

詳しく見る

ドクターとナース

早期発見であれば完治可能

がんの中でも進行が極めて遅く、転移もしにくいのが大腸がんです。一度腫瘍を摘出すれば完治する可能性も高いがんではありますが、肝臓などに転移する可能性もあるので注意が必要です。

詳しく見る