Menu

胸にできるがん

胸元

セルフチェックができる

女性特有のパーツとも言われるのが胸ですが、その胸付近にできてしまうのが乳がんで、発症する女性も年々増えているのが特徴です。乳がんの場合、他のがんとは違って自分でセルフチェックができるので、早期発見しやすいと言われています。乳がんのセルフチェックは胸のあたりや脇の下あたりを触ってみて、しこりの有無で判断することができます。しこりがあるからと言って乳がんと決まった訳ではありませんが、固いしこりを見つけた場合は一度病院へ検査しに行くのが良いでしょう。病院に行くことによって確実な検査ができる分、乳がんを発症していなかった場合は精神的不安を取り除くことができるでしょう。乳がんの場合、リンパ節や肺、骨への転移がある可能性が高いので注意が必要です。

様々な治療方法がある

乳がんの場合、がんの進行状況によって治療方法が大きく変わってきます。乳がんでも初期の場合であれば乳房温存手術と言われる方法をとることがほとんどで、乳房や乳頭は残すことが可能です。しかし、乳房や乳頭が残せるのは本当に初期の段階なので、初期でも広範囲にがんが広がっている場合や腫瘍が複数ある場合は乳房や乳頭も摘出しなければならない場合もあります。乳がんでは、他にも単純乳房切除術と呼ばれる方法や胸筋温存乳房切除術、ハルステッド法とも呼ばれる胸筋合併乳房切除術というものが行なわれます。どの手術もメスを用いて腫瘍を取り除くので、比較的大掛かりな手術にはなります。女性は乳房を失いたくないという思いが強い人も多くいますが、最近では乳房再生手術なども誕生しているので、身体のことを考えるのであれば早めに手術へ踏み切るのが良いでしょう。

オススメ記事

病院

女性がかかる病気

がんの中でも女性が発症する可能性が極めて高いのが子宮頸がんで、子宮がんのうちの8割が子宮頸がんと言われています。発見した時には、骨盤や肺への転移も疑っておくのが良いでしょう。

詳しく見る

胸元

胸にできるがん

胸のあたりにできるのが乳がんで、主に女性が発症するがんとなっています。乳がんの場合セルフチェックでがんの有無を確かめることもできるので、早期発見が実現できます。

詳しく見る

ドクターとナース

早期発見であれば完治可能

がんの中でも進行が極めて遅く、転移もしにくいのが大腸がんです。一度腫瘍を摘出すれば完治する可能性も高いがんではありますが、肝臓などに転移する可能性もあるので注意が必要です。

詳しく見る