Menu

稀な腫瘍です

医者

発症するリスクは少ない

胸腺腫瘍は、二つのパターンがあることが分かっています。一つはゆっくりと増殖しますが胸腺内でしか増えず体に影響を与える可能性が低いものと、通常のがんと同じように増殖して他のところに転移する可能性があるものとに分かれます。今後も数が少ない腫瘍の一つとして判断される可能性が高いです。胸腺腫瘍になってしまう人の多くが、四十代以上です。その年齢になると胸腺は機能がなくなっていますので胸腺腫瘍であっても大きな影響を与える可能性は低いです。転移してしまうものも存在していますが、胸腺腫瘍になること自体が少ないです。ただし、合併症を引き起こしていることもありますので、長く続く咳などがあれば一度見てもらう必要があります。

定期的に健康診断を受ける

普通に生活していては、見つけられることはほとんどありません。症状の多くは、咳や胸部の痛みなど自覚症状としては分かりにくいものです。数が少ないとはいえ、胸腺腫瘍はできるだけ早く見つけたほうがいいといえます。そのために必要になるのが、健康診断です。胸部のレントゲンなどをとった時に見つかることが多いので、定期的に受けておけば発見しやすくなります。万が一見つかったとしても、手術で取ることができますので治すことは難しくないといえます。症状が進行している場合は、放射線治療なども行われることもあります。状態によって変わりますので、医師としっかりと相談して適切な処置を受けることです。稀なものですが、誰もがなる可能性がありますので定期的に体の状態を確認しておけば問題ありません。

オススメ記事

病院

女性がかかる病気

がんの中でも女性が発症する可能性が極めて高いのが子宮頸がんで、子宮がんのうちの8割が子宮頸がんと言われています。発見した時には、骨盤や肺への転移も疑っておくのが良いでしょう。

詳しく見る

胸元

胸にできるがん

胸のあたりにできるのが乳がんで、主に女性が発症するがんとなっています。乳がんの場合セルフチェックでがんの有無を確かめることもできるので、早期発見が実現できます。

詳しく見る

ドクターとナース

早期発見であれば完治可能

がんの中でも進行が極めて遅く、転移もしにくいのが大腸がんです。一度腫瘍を摘出すれば完治する可能性も高いがんではありますが、肝臓などに転移する可能性もあるので注意が必要です。

詳しく見る