Menu

くも膜下出血の予防

相談

くも膜下出血の予防

くも膜下出血の予防について。くも膜下出血を予防するためには、脳動脈瘤を破裂させないことが大切です。脳動脈瘤を破裂させないためには、脳動脈瘤を未然に防ぐ、もしくは早期発見・早期治療を心がける必要があります。脳動脈瘤を未然に防ぐためには、リスク因子に気を付けて生活する必要があります。リスク因子になるのは、喫煙の習慣、アルコールの大量摂取の習慣、高血圧の3つです。それらの習慣や、症状を持つ人が、比較的高確率で脳動脈瘤を発症します。喫煙を防ぐためには、禁煙外来を受診するなり、普段から喫煙しないよう努力しましょう。アルコールの大量摂取を避けるためには、一日の量を決めて飲むようにしましょう。高血圧を避けるためには、次項で説明するような生活習慣が必要です。

高血圧を避けるためには

高血圧を避けるためには、様々な努力が必要となります。高血圧の原因は、水分・塩分の摂りすぎに加え、下半身の筋力低下もあります。また、高脂血症や動脈硬化なども高血圧を招きます。肥満や脂質の摂りすぎ、不規則な生活習慣や、肉体的かつ精神的ストレスの多い生活、血液を酸化させる喫煙、ハードな運動などには十分に注意する必要があります。また下半身の筋力をつけることで、下半身に毛細血管が増えるため、血液を下に集めることができます。それが脳動脈瘤、脳梗塞、脳出血など、脳に血液が集まることで起こる脳卒中と呼ばれる症状を避けることができます。以上のようなことに気を付けて生活することで、脳動脈瘤のリスク因子を極力減らすことができるのです。

オススメ記事

病院

女性がかかる病気

がんの中でも女性が発症する可能性が極めて高いのが子宮頸がんで、子宮がんのうちの8割が子宮頸がんと言われています。発見した時には、骨盤や肺への転移も疑っておくのが良いでしょう。

詳しく見る

胸元

胸にできるがん

胸のあたりにできるのが乳がんで、主に女性が発症するがんとなっています。乳がんの場合セルフチェックでがんの有無を確かめることもできるので、早期発見が実現できます。

詳しく見る

ドクターとナース

早期発見であれば完治可能

がんの中でも進行が極めて遅く、転移もしにくいのが大腸がんです。一度腫瘍を摘出すれば完治する可能性も高いがんではありますが、肝臓などに転移する可能性もあるので注意が必要です。

詳しく見る