Menu

大腸に出来るがんとは

ドクター

主な自覚症状

最近、排便に変化が感じられるようになったとか、お腹が張るようになったと感じることはありませんか。そのような状態が長く続くような場合は、大腸がんの疑いがありますので、病院で検査を受けるのをお勧めします。病院はできれば消化器系の診療科、もしない場合は内科を受診するようにしましょう。この大腸がんは主にポリープや、粘膜からがんが生じて起こることが多いです。排便に見られる変化としては血便や下血などがあり、また下痢と便秘を交互に繰り返すこともあります。お腹が張る場合はしこりを触れたり、腹痛が起きたりもします。その他には嘔吐や貧血が起きたり、またがんに顕著な症状として、体重が落ちたりすることもあります。また血便の場合は痔と間違いやすいので、一度肛門科を受診し、痔の症状がないのに出血がある時は、大腸がんの確率が高くなります。

集団検診と治療方法

大腸がんはごく早期である場合は、自覚症状はほとんどありません。ですから、できれば自治体の大腸がん検診を受ける、あるいは人間ドックに申し込むなどして、早めに発見した方がいいのです。検診はまず問診が行われ、そして便潜血検査が行われます。特に自治体の検診は、自己負担額が1000円程度ですので、40代に入ったら年に1度は検診を受けるようにしましょう。それから、もし大腸がんであることがわかった場合の治療方法ですが、ステージによって異なって来ます。軽症のうちは内視鏡手術によって患部の切除を行いますが、病状が進むにつれて普通の手術、そして制がん剤を使った化学療法や放射線治療が行われます。また病状によっては、これらのうちの複数の方法、たとえば手術と化学療法を組み合わせた治療となることもあります。

オススメ記事

病院

女性がかかる病気

がんの中でも女性が発症する可能性が極めて高いのが子宮頸がんで、子宮がんのうちの8割が子宮頸がんと言われています。発見した時には、骨盤や肺への転移も疑っておくのが良いでしょう。

詳しく見る

胸元

胸にできるがん

胸のあたりにできるのが乳がんで、主に女性が発症するがんとなっています。乳がんの場合セルフチェックでがんの有無を確かめることもできるので、早期発見が実現できます。

詳しく見る

ドクターとナース

早期発見であれば完治可能

がんの中でも進行が極めて遅く、転移もしにくいのが大腸がんです。一度腫瘍を摘出すれば完治する可能性も高いがんではありますが、肝臓などに転移する可能性もあるので注意が必要です。

詳しく見る