Menu

合併症が起こる病気

病院

大切なインスリン

人間が生きる上で欠かすことの出来ない成分の1つがブドウ糖です。日頃から食べている食事を分解することで発生しますが、増えすぎると人体に悪影響をおよぼす物質でもあります。そんなブドウ糖は通常であれば自動で調節され、増えすぎてしまうことはありません。しかし糖尿病を発症してしまうと、コントロールが上手くできなくなり濃度が高くなってしまうのです。なぜ慢性的に濃度が高くなっているのかというと、ブドウ糖の濃度を一定にする働きを持っているインスリンという物質が膵臓から分泌されなくなったり、分泌はされてはいるが満足にその作用を行ってくれないことで起こってきます。糖尿病になってしまうと体にさまざまな症状が出てきて脳梗塞や、心筋梗塞など命を奪いかねない病気を誘発することもあります。

食事療法を行って

小岩でも多くの人がこの糖尿病を発症しておりその治療にあたっています。糖尿病は多くの合併症を引き起こしてしまう恐ろしい病気ですが、そのほとんどは食事を摂取する制限を行うだけで改善して血糖値がよくなってきます。小岩でも食事制限を行って血糖値が改善した人が多くいます。食事療法を行っていけば膵臓への負担が少なくなってきて、負担が少なくなった膵臓が次第に元気を取り戻してきて血糖をコントロールできる状態になっていきます。小岩でもしっかりと食事療法で血糖をコントロールしている人が多くおり、小岩の多くの病院でも糖尿病になった時には食事制限を行って膵臓の負担をやわらげています。膵臓に元気が出れば今まで以上に俊敏にインスリンを分泌できることになっていきます。

オススメ記事

病院

女性がかかる病気

がんの中でも女性が発症する可能性が極めて高いのが子宮頸がんで、子宮がんのうちの8割が子宮頸がんと言われています。発見した時には、骨盤や肺への転移も疑っておくのが良いでしょう。

詳しく見る

胸元

胸にできるがん

胸のあたりにできるのが乳がんで、主に女性が発症するがんとなっています。乳がんの場合セルフチェックでがんの有無を確かめることもできるので、早期発見が実現できます。

詳しく見る

ドクターとナース

早期発見であれば完治可能

がんの中でも進行が極めて遅く、転移もしにくいのが大腸がんです。一度腫瘍を摘出すれば完治する可能性も高いがんではありますが、肝臓などに転移する可能性もあるので注意が必要です。

詳しく見る