Menu

女性がかかる病気

病院

がんの中でも女性が発症する可能性が極めて高いのが子宮頸がんで、子宮がんのうちの8割が子宮頸がんと言われています。発見した時には、骨盤や肺への転移も疑っておくのが良いでしょう。

詳しく見る

胸にできるがん

胸元

胸のあたりにできるのが乳がんで、主に女性が発症するがんとなっています。乳がんの場合セルフチェックでがんの有無を確かめることもできるので、早期発見が実現できます。

詳しく見る

早期発見であれば完治可能

ドクターとナース

がんの中でも進行が極めて遅く、転移もしにくいのが大腸がんです。一度腫瘍を摘出すれば完治する可能性も高いがんではありますが、肝臓などに転移する可能性もあるので注意が必要です。

詳しく見る

大腸に出来るがんとは

ドクター

大腸がんの症状とは、排便の異常やお腹の張りなどです。特に血便が出る場合は痔と間違われやすいので、まず肛門科を受診し、痔の症状がない場合は大腸がんの検査をしてもらうといいでしょう。検査は自治体の検診や人間ドックでも受けられます。また治療方法はステージによって違い、場合によっては複数の方法が取られます。

詳しく見る

病の悩みを解決

医者と看護師

横浜クリニックはWEBで問診も出来て、心のケアにもなるものです。そのため、時間がなくても出来る事からも信用性が高く、諦めない治療を心掛けている横浜クリニックは非常に利用しがいのあるものなので、安全性も十分です。

詳しく見る

ホルモン分泌と病気の関係

聴診器

甲状腺は、新陳代謝を促し免疫力を向上させるためのホルモンを分泌する臓器です。甲状腺の機能が正常に働かなくなるとホルモンの分泌量に変化が起きてきます。ホルモンの分泌量の増減によって引き起こされる病気としてバセドウ病や橋本病があります。首の腫れなどがある場合は、内科などに相談してみることをお勧めします。

詳しく見る

増加から見る大腸のがん

ドクターとナース

直腸がんは大腸がんの一種ですが、肛門付近にできることから症状に気づきやすいところがあります。血便や便秘などの症状があり、健康診断の検査で発見されることも少なくありません。増加が目立つ直腸がんは、食生活の変化から誰にでも起こり得る病気でもあるので、積極的な検査が予防を高めていきます。

詳しく見る

負担の軽い治療法も

ナース

大腸がんは、小腸と肛門の間に位置する大腸にできるがんです。初期には症状がほとんどありませんが、進行すると血便、下痢、便秘などの症状が出るようになります。早期に発見できた場合には内視鏡治療という負担の軽い治療法を用いることができます。

詳しく見る

稀な腫瘍です

医者

胸腺腫瘍は成人になってから見つかることがありますが、数は少ないです。健康診断などで、見つかることが多いので定期的に受けておけば早く発見することが可能です。手術などで治すことができますので、見つかった時は早めに医師に相談することです。

詳しく見る

合併症が起こる病気

病院

糖尿病は食事療法を行うだけで血糖値の改善をすることができます。この療法を通して膵臓の負担を少なくしてやれば、インスリンを俊敏に分泌することができるようになり、糖尿病の改善に役に立ちます。小岩でも多くの人が食事療法を行っています。

詳しく見る

くも膜下出血の予防

相談

くも膜下出血を予防するためには、脳動脈瘤を破裂させないこと、または未然に防ぐことが大切です。そのためには、高血圧、大量飲酒、喫煙という3つのリスク因子を避けることが大切です。飲酒、喫煙に気をつけながら、生活習慣を改善して、あらゆるタイプのストレスを溜めないようにしましょう。

詳しく見る

発見は早い方が良い

カウンセリング

日本人に多く発生する

日本人が抱える病気の中でも最も多いと言われるようになっているのががんで、一箇所にできる病気ではなく直ぐに転移をしてしまうので、すい臓がんや子宮頸がん、乳がんや大腸がんなど様々ながんがあり、身体のどの臓器でも発生するものとなっています。がんの場合、潜伏期間もあると言われており、初期段階では良性の腫瘍と診断されても、時間が経つと悪性に代わりがんへと変異していたというケースも少なくありません。がんの原因は人によって違いますが、遺伝が原因と言われることもあります。しかし、ほとんどの場合は普段の生活週間や身体に合っていない食べ物を食べ続けた時などに発生しやすいと言えるでしょう。また、生活習慣の違いによって、がんが発生する身体の臓器も違ってくるので注意が必要です。

治療方法は様々

がんは転移しやすいことで知られていますが、最初に発生した臓器によって転移のしやすさが違ってきます。中でも非常に転移しやすいと言われているのがすい臓がんで、肺や胃、腹膜などに転移すると言われています。加えて、すい臓は身体の臓器の中でも極めて小さいので発見しにくいのも特徴です。すい臓にがんの腫瘍ができた場合もしばらくはこれと言った症状が出ない場合も多いので、定期的に検診を受ける、かかりつけ医を見つけておくなどして、異変に気づいた時にはすぐに対応できる状況にしておくのが良いでしょう。すい臓がんに限らず、その他のがんも転移は起こり得るので、検診や診断は非常に重要です。がんにかかってしまった場合、多くの人が治らないと絶望的になる場合がありますが、がんの治療方法は年々増えており、医療技術も上がっているので、まずは完治させる強い気持ちを持って治療を進めていくことが大切です。

オススメ記事

病院

女性がかかる病気

がんの中でも女性が発症する可能性が極めて高いのが子宮頸がんで、子宮がんのうちの8割が子宮頸がんと言われています。発見した時には、骨盤や肺への転移も疑っておくのが良いでしょう。

詳しく見る

胸元

胸にできるがん

胸のあたりにできるのが乳がんで、主に女性が発症するがんとなっています。乳がんの場合セルフチェックでがんの有無を確かめることもできるので、早期発見が実現できます。

詳しく見る

ドクターとナース

早期発見であれば完治可能

がんの中でも進行が極めて遅く、転移もしにくいのが大腸がんです。一度腫瘍を摘出すれば完治する可能性も高いがんではありますが、肝臓などに転移する可能性もあるので注意が必要です。

詳しく見る